その2 時間の損
整骨院と整形外科の違い

医療機関に任せるべき症状とは|仙台交通事故治療.jp

その2 時間の損 整骨院と整形外科の違い

医療機関に任せるべき症状とは

・手術が必要とされるような大きな怪我の治療
・レントゲンやMRIでの精密検査
・痛み止めの処方
・診断書の作成

整形外科で痛みを訴えても、湿布や痛み止めの薬で済まされてしまうこともよくある話です。
当院では患者さんお一人お一人の症状に合わせた即効性のある様々な治療法で、痛みの根本原因を取り除く施術を行っています。

交通事故治療は当院にお任せください

交通事故治療いつ、どこで突然、交通事故に遭うかはわかりません。

事故に遭うとショックや不安が大きく、自分の体まで意識がいかない為、すぐに身体の異常に気が付かないことがあるのも交通事故の特徴かもしれません。
病院で検査をしても骨折や骨のヒビなどレントゲンでわかるような損傷がないと、異常無しと診断される場合が多いです。身体は痛みがあり、診察まで長時間待たされ、その場しのぎの湿布や鎮痛剤を処方され、意味の無いリハビリを行われる。結果、異常が放置され症状が改善しないまま辛い思いをして、当院に駆け込んでこられる患者さんも多くいらっしゃいます。

交通事故治療を行える機関は、病院だけではありません。整骨院でも行っております。

40年の歴史ある当院は、交通事故治療の経験も豊富で、患者さんを最優先にした丁寧な施術と、事故での様々なお悩みの相談にも対応するなど、心のケアも行っております。

整骨院でも病院と同じ様に保険を適用し、窓口負担なしで施術を受けられるので安心して治療に専念する事ができます。

その辛い症状、我慢せずにご相談下さい。

むちうちイメージ事故後「なんとなく不調がある」「頭痛や倦怠感がある」など、お悩みを抱えている方がよくいらっしゃいます。

病院で検査をしても異常がなく、原因不明のまま薬の服用をし続け悩まれている方や、見た目に見えない為、周囲に理解されにくく辛さを誰にもわかってもらえない…など、精神的な不安を抱える方も少なくありません。

その不調の原因は交通事故による「ムチウチ症」の可能性が高く、ムチウチ症の場合レントゲンでは写らない筋肉、靭帯、神経にダメージがあったり、骨が歪んでしまい神経が圧迫され、痛みとして出てくる事があります。

レントゲンに写らないので病院でいくら調べても原因不明と診断されてしまうのです。

交通事故治療写真交通事故に遭ってしまった場合、乗車していた車自体の損傷がなかったとしても、身体に受ける衝撃は想像以上のダメージです。

また、どういう姿勢の時どの方向から、衝撃を受けたかで体への負担は変わります。

レントゲンには写らない、体のあちこちのダメージが原因で、体調に影響を与えてしまうのです。

人間の体は、骨や筋肉など少しのダメージを受けただけでもバランスが崩れ不調の症状が現れます。

しかし逆を言えば骨や身体の歪みを治すだけで不調を改善することが可能なのです。

交通事故によるムチウチは専門治療がとても大切です。

時間ばかり無駄に過ぎ後遺症になってしまうなど、交通事故で損をしないためにも、仙台市で事故での不調でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。