めまい・吐き気・しびれなど
様々なムチウチ症状

このような症状でお悩みではありませんか?その原因はむち打ちかもしれません

めまい・吐き気・しびれなど 様々なムチウチ症状

交通事故とムチウチ

事故治療写真一言でむち打ちと言っても、むちうちにも種類があるのをご存知でしょうか?

「頚椎捻挫」「神経根症型」「脊髄症型」「バレ・リュ-症候群」などがあります。

大抵の場合、「頚椎捻挫」つまり首の捻挫が多く、首、肩、背中のコリや痛みといった症状があり、通常3-4週間安静にしていることが必要です。

交通事故で衝撃を受けた際、「ムチ」がしなる様に首が揺さぶられる事により、首の筋肉や骨、靭帯神経を痛めてしまい、頭痛や倦怠感を伴うむちうちになってしまいます。

交通事故の場合、身体の一部に損傷が起こるというよりも、様々な箇所に影響が及んでいる事が多く、特に身体の中心の骨組みに歪みが生じてしまうと、身体のいたる所に不調をきたしてしまいます。

通常一般的に行われる温熱療法や牽引療法だけで改善されない辛い症状を緩和するためにも、身体に生じた歪みを取り除く事が必要になります。

ムチウチによって引き起こる様々な症状|仙台交通事故治療.jp

首、肩、背中の痛み、コリや違和感を覚えたり、吐き気、食欲不振、頭痛、倦怠感や耳鳴りなどの異変を感じ、事故から数日~数ヶ月経過してから来院され、検査をすると実は原因が首にあり、むち打ちになっていた事がわかり、驚かれる方がいらっしゃいます。

これは事故後病院で撮影したレントゲンに異常が無いと言われ、わからないまま経過し、症状が出始め、そこでやっと異変に気付く為です。

実際、病院で行われる電気治療や湿布だけでは症状が良くなりません。

ダメージのある軟部組織に働きかける治療を受ける事でむち打ちの症状を改善させる事が出来るのです。

むちうちにより起こる様々な症状